輸入状況、ストックなどの紹介🎵

古代魚、爬虫類の進化♪

渡航 紀行①

【リトル水族館ざうお】

営業時間:12:00~20:00

定休日:火・木

住所:愛知県名古屋市南区星崎1-37

☎️052-825-3424

リトル水族館ざうお→Aro,Cafe移行中❗


さて、単独でインドネシアへ行き記者のI様と合流の予定です!といきたかったところですが飛行機が遅れ…インドネシアあるある事情(笑)

私はさらに待ち合わせしているホテルへ向かいます✨


初日は現地で再度打ち合わせし直し翌日から行動することに❗


現地入りした翌日はまず、奥様が有名な女優だという富豪の方が飼育しているお宅訪問からです✋

左上の個体が気になるかと思いますが…詳細はギガスでご紹介致します🙇


次に訪問したのはこのご自宅です。部屋の1部が完全に水槽部屋😅トロフィー🏆が気になりますね~

InstagramでもUPした個体がこちらです。

白水槽ですが綺麗な発色をした紅龍が悠然と泳いでいます❗


初めに訪れたお宅とは完全に違う事が1つ。


それは…


【自然光が当たる紅龍】なのか、【自然光が当たらない紅龍】なのかと言う事です。

勿論、細かい飼育方法は違うにしろUVの違いは紅龍にとっても大きく関係してきます。


2件目に訪問した水槽をよく見て下さい🙇

水槽に吸盤が2個ついているのがわかりますか?


そうです!


テンニングをする為に引っ掛けれるように設置してあるんです✋

現地では稀に見る光景ではありません。

ほぼこんな感じですよ~


インドネシアではガラス水槽が主流です。

UVはガラスを通すので水槽外から照射します。ガラスが分厚いと通しにくくなりますのでガラスの厚さ、よく照射できるようにと奥行き、幅を合理的に考えちゃんと計算されて設置してあるんです。


逆に日本では地震大国なのでアクリル水槽が普及していますがUVは通しにくいのが現実です。

だから水中蛍光灯で紫外線を照射することが

テンニングをする最大の設置方法なんです。

上記2件訪問しただけでも、このようにいかに紅龍にUVが必要があるのかがご理解いただけるのかと思います❗


次に訪問したのは家の屋上に水槽を設置してあるお宅です✨

電源が剥き出しの為、かなり危なっかしいですがスコールがある前兆でシートを被せるのだと思います(笑)

詳細はギガス発刊までお待ち下さい😆


当然、外飼育メインになりますのでテンニング設置はしてありませんでした💦自然光ではナチュラルカラーになるとの事。当たり前ですね~(笑)


当然開発のテンニング蛍光灯はこちらからお買い求めいただけます🎶

https://www.littleaquazauo.com/product-list/3


水槽蛍光灯セットは…

LINE@→@ozf8551z

Instagram→@aquazauo

店電話→0528253424

よりご注文下さい🙇


渡航紀行②へ続く…